iPhone修理の正規店と非正規店の違いやメリット・デメリット

ダイワンテレコム 新宿店 横山さん

ガラス割れやバッテリーの不具合など、突然のiPhoneの故障にもすぐに対応してくれる非正規の修理店。ここ最近は街中のいたるところで見かけるようにもなりました。

Apple Storeをはじめとした正規店は常に混雑していますので、即日対応してくれる非正規店の存在はもしものときに大きな安心を与えてくれます。

ただ一方で、修理を依頼するユーザーとしては、非正規店という呼称からもどうしても胡散臭さや不安を感じてしまうことも事実です。

ということで、今回は非正規店である「ダイワンテレコム 新宿店」の横山さんに正規店と非正規店の違いやメリット・デメリット、非正規店を選ぶ際のポイントなどを実際に聞くためにインタビューしてきました!!

まずは正規店と非正規店の違いを教えてください。
メーカー(Apple)から認められているかどうかが大きな違いですね。

Apple Storeなどの正規店では純正品の修理部品を仕入れていますが、非正規店では純正ではない修理部品も使用しています。

ただ、純正品ではない部品を使う背景としては、iPhoneは世界中で利用されている画一的な製品であり部品が一緒のため安く流通していますので、正規店以外でも安い部品を調達して安く修理を行うことが可能になっています。

修理技術はどのように習得しましたか?
うちは後発の修理店なので、先発の修理店から教わりました。

あとは、主にアメリカなど海外のWEBサイト上にある修理工程の情報などを参考にしてもできないことはないですけどね。いずれにしても、非正規店においてはメーカーから修理マニュアルを入手することはできません。

次々と新しい修理店もできていますけど、やはり修理実績の長い店舗を選んだほうが安心なのは間違いないです。長年培ってきた数多くのケーススタディーがサービス品質に直結しますので。

iPhoneを修理するスタッフ

正規店と非正規店の修理のクオリティに差はない?
そうですね。作業内容は基本的に変わらないですね。ただ、店舗によって修理のクオリティの差はありますので経験の長い店舗を選ぶことをおすすめします。
非正規店ならではのメリットを教えてください。

正規店よりも待ち時間が短く、タイミングによっては即対応も可能です。それと、データが消えないことですね。
非正規店では修理をしてもiPhoneはリセット(初期化)されないのですか?
そうですね。基本的にリセットせずに必要な部分の修理だけを行っています。

実際のところは分からないですけど、正規店では全体の不具合がないかのチェックをする意味でも、一度リセットしてアクティベーションしてからでないとユーザーに渡せないのでしょうかね?

料金的なメリットは?
非正規店がちょっと安いくらいですかね。圧倒的に安いわけではないです。店舗によっては正規店よりも高い場合もありますし、基本的にはさほど変わらないという印象ですね。

ちなみに、正規店の場合は修理をしてみないと正確な修理金額がわからないのですが、非正規店では最初に修理代金を提示しています。

平日と休日でバラつきはあると思いますが待ち時間ってどのくらいですか?
一概にはなんとも言えないですけど、その都度店舗にお電話いただければご案内できます。基本的には予約のお電話をいただいたときに待ち時間の目安をお伝えしています。飛び込みの依頼でも、お待ちいただいたとして2時間くらいですかね。
非正規店を利用するデメリットはありますか?
非正規店で修理を行うことによって、メーカー保証(AppleCareや通信キャリア独自の保証サービスを含む)の対象から外れてしまう可能性があります。
非正規店で修理をすると必ずメーカー保証から外れる?
必ずではないです。私共ではメーカー保証から外れてしまう場合があるという言い方をしています。

メーカーの方でも中を開いてみるということは殆どしていないようで、非正規店に修理依頼をして実際にiPhoneを開いてみても致命的なダメージで直らないケースもなくはないのですが、その後で正規店に持ち込んで交換できたケースもあります。

ただ、非正規店がiPhoneを開ける以上はメーカー保証から外れる可能性があるということは必ずお客様にお伝えしています。

開けたら外れるということですか?
メーカーが保証対象外にする理由のひとつが分解なんですよ。iPhoneを開けるということです。

ただ、現実的に開けて閉めただけだと分かるはずがないので、開けて閉めただけでは保証対象外になることは現実的にはありえないでしょうね。

修理中のために中を開くiPhone

開けて閉めただけなら分からない?
分かんないといえば分からないでしょうね。
パーツが非純正品に変わっていたら分かる?
その場合は分かることがあるかもしれません。

ここで難しいのが純正品じゃない部品の位置付けなのですが、Appleが契約している組立工場もそれぞれの部品を製造しているメーカーから仕入れをしていまして、非正規店が実際に使う部品はAppleの部品を正規に取り扱っている会社から仕入れているわけではないのですが、非正規店も同じメーカーから仕入れていますので部品としては一緒ということが大いにありえます。

純正品ではないけどモノは同じ?
そういうことです。

ただ、なぜ部品が変わったら分かる可能性があるかというと、Appleが契約している工場以外で組立てられているので、そこのロットナンバーなどから分かることもあります。

品質が低下しているわけではなく、Appleが契約している会社で組み立てられたものではないということです。

正規店が扱っているものが純正品以外の部品はピンキリというほどではないがクオリティの低いものも存在します。その低品質の部品を使っている修理店はオススメできないですね。修理した部分が1ヶ月程度でダメになるっていう話はよく聞きます。

そういった修理店を見分けるポイントのひとつが修理代金です。明らかに修理代金が安い修理店は低品質の部品を使っている可能性が高いです。

メーカー保証から外れるデメリットを解消する動きはありますか?
メーカー保証と同等の保証サービスと似たようなものはでてきています。
どのような保証サービスですか?
私共では「ダイワンあんしん保証」という保証サービスを用意していまして、月額550円をお支払いいただくことで保証加入中に壊してしまった場合は上限5万円までの修理を無償で行っています。

ダイワンあんしん保証のバナー画像

また、他の店舗でも同様の保証サービスは始まっています。

私どもが提供している「ダイワンあんしん保証」の他に、有名どころとしては「iレスキュー」「スマート保証」などがあります。

いずれも損保会社などと提携しパッケージ化して独自の保証サービスを提供することでメーカー保証から外れるリスクをカバーできるように取り組んでいます。

ただ、非正規店の中でも保証サービスは提供しないところもありますので、お客様には保障の部分もちゃんと提供している修理店を選んでほしいなと思います。

非正規店の保証に加入する方法は?
店頭やオンライン上でも申込みできます。
非正規店では一般的に半年や3か月保証を提供している場合が多いと思うんですが。
有料の保証に入らなくても私共の場合は、3ヶ月間は再修理を行っています。
やはり非正規店としての最大のデメリットは保証の部分ですか?
そうですね。私はそう思っています。メーカー保証から外れてしまう可能性があることですね。
最近、総務省が正規店・非正規店に関わらず修理業者の登録制度を開始したそうですが。
そうですね。登録修理業者制度というのが始まりました。スマートフォン修理の業者が増えている現状で、これまで国として認可がありませんでした。その状況を改善するために、国に対して修理店の情報を登録する制度が今年4月にスタートしています。

現在は未登録でも特にペナルティはなく、実際に登録している店舗も数店舗となっています。うちの店舗でもこれから登録を予定しています。

http://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/others/repairer/

Appleとしては、修理はApple Storeに依頼して欲しい?
どうでしょうかね。そこに関しては色々な考え方があると思うんですが、そういった内容のApple公式メッセージは出ていないので何とも言えないですけどね。

何とも言えない表情の横山さん

ただ、いまでも正規店は混雑していてユーザー数に対してアフターサポートできる場所が足りていない状況です。

そんな状況の中でもし非正規店が全く無かったら恐らくクレームの対象になるでしょう。iPhoneのアフターサービスに対しての問題になる可能性があります。

正規店の数が今後増えたらわからないですけど、今の時点で非正規店を全てNGとしてしまうとAppleにとっても不都合なところはあるかもしれないですね。

とは言え、なぜ非正規店で修理したものをメーカー保証から外すのかというと、第3者(非正規店)がいじったものは保証をできないというのは当然のことだと思います。

非正規店の存在はこういったバランスの中で成り立っている市場ですね。

信頼度としてはApple Storeには敵わない?
それは当然そうですよね。
その上で非正規店を利用してもらうアピールポイントを最後に教えてください。
データの保護と待ち時間の短さが最大のアピールポイントでしょうね。

なので、正規店の数がもっと増えて正規店の混雑が解消されると非正規店は成立しないと思います(笑)あとは、正規店では対応できない修理にも対応している点ですね。

例えば今年からデータ復旧サービスを始めたんですけど、正規店ではやってないですしね。他にも水没したiPhoneの修理も行っています。

基本的に正規店はルーティン化できない修理は受け付けてないですが、非正規店では受け付けています。実際に正規店で断られたお客様がいらっしゃることもよくあります。

インタビューを終えて

非正規店というだけで修理自体は正規店と同等のクオリティを提供し、最大のデメリットであるメーカー保証が外れる可能性があることに関しては独自の保証サービスを提供するなど、非正規店ならではの取り組みを知ることができました。

実際にお話を伺うことで、これまで筆者自身も抱いていた非正規店に対する不安は払拭できた気がします。

もちろん、メーカ保証から外れる可能性があるとうデメリットは大きいですが、正規店では実現できないデータの保護や待ち時間などのメリットもありますので、ひとつの選択肢として非正規店を利用することも十分ありなのではないかなと思います。

それと、長い経験と適切な修理代金という非正規店を選ぶポイントもとても参考になりましたので、この記事を御覧の皆さんにとってもiPhoneが壊れた際の参考にしていただければ幸いです。

今回インタビューに応じてくれたお店「ダイワンテレコム 新宿店」

ダイワンテレコム 新宿店 横山さん

新宿駅西口から徒歩2分のiPhone修理専門店。

経験豊富な修理スタッフが常に待機していますので、ガラス交換 バッテリー交換 水没修理など様々な症状のiPhone修理に即日対応しています。

郵送での修理にも対応していますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

ご相談や見積もり依頼などはもちろん無料です。

その他のiPhone修理コラム