iphone修理の優良店舗を現在地の近くで探す

iPhoneの画面が真っ暗……音は鳴るなら希望はある!修理方法

理由もわからずiPhoneの画面が真っ暗になってしまったら、とても困りますよね。iPhoneから音は鳴るのに、画面をタップしても反応がなければ操作のしようがありません。連絡を取りたくても画面は真っ暗だし、どうすればいいのかわからない……。

しかし、このような状態であっても対処法がないわけではありません。適切な方法をとれば、iPhoneは復旧する可能性があります。この記事では、iPhoneの画面が真っ暗なのに音は鳴る状態になってしまったときの原因や対処法についてご紹介します。店舗での修理依頼やバックアップは可能かどうかについてもご説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

iPhoneの画面が真っ暗!音は鳴るなら原因が絞られる

ほかの動作に問題はないものの、いきなり画面が真っ暗になってしまう現象を「ブラックアウト現象」と呼びます。音が鳴るのであれば、おそらく電源に問題はない可能性が高いです。この章では、iPhoneの電源に問題はない前提で原因をみていきます。

システムやソフトウェアの不具合

ソフトウェアは完全ではないため、定期的に更新されます。そのため、ソフトウェアのバージョンが古かったり、使用状況に適していなかったりすると不具合が発生する可能性が高まります。また、お使いのiPhoneにインストールしたアプリや起動中のアプリがシステムに影響を与えることも考えられます。

ディスプレイケーブルの損傷

iPhoneを地面に落として端末に大きな衝撃が加わることで内部のディスプレイケーブルが損傷したり、衝撃の程度は低かったとしても、画面が破損した影響で本体内部と液晶をつなぐケーブルが損傷したりすることがあります。

バックライトが切れている

液晶に組み込まれているバックライトが寿命を終えるとライトが切れてしまいます。また、画面が破損することでバックライトが損傷することもあります。バックライトが切れると画面の明るさが極端に落ちてしまうので、ブラックアウト現象と似た状態になり、画面が真っ暗になってしまいます。

端末の水漏れ、湾曲

iPhoneを水に濡らしてしまった場合や、バッテリーに熱がこもり大きく膨張してしまった場合もディスプレイケーブルに影響をおよぼすことがあります。結果的にケーブルが損傷してしまうと、画面は真っ暗になります。

 iPhoneの画面が真っ暗……音は鳴るなら希望はある!修理方法

iPhoneの画面が真っ暗だけど音は鳴るときの対処法

何らかの原因によりお使いのiPhoneが画面は真っ暗なのに音はなる状態 になってしまった場合には、それぞれの原因に対応した対処法を適切におこなうことで元通りに直ることがあります。バイブレーションやサウンドの機能に不具合がないことが確認されれば、内部の基盤やほかの部品に影響はないと考えられますので速やかに対処しましょう。

システムが原因の場合

◆「強制再起動」
複数のアプリを長時間起動させていたり、特定のアプリがフリーズしたりすることでシステムへの影響が考えられます。ホームボタンが使えるようであれば、強制再起動をすることで、システムが復旧することがあります。

お使いのiPhoneによって再起動の手順が異なりますので以下に詳述します。

「iPhone X」
1.端末側面にあるサイドボタンと音量ボタンを同時に押し、スライダを表示させる
2.スライダをドラッグして端末の電源を切る
3.サイドボタンをAppleのロゴが表示されるまで長押しする   

「iPhone 8 以前」
1.端末上部またはサイドのボタンを長押しし、スライダを表示させる
2.スライダをドラッグして端末の電源を切る
3.上部またはサイドボタンをAppleのロゴが表示されるまで長押しする 

本体が原因の場合

端末内部に問題がある場合は考えられる原因に適した対処法を試みてください。それぞれの原因と対処法は以下のとおりです。

◆「ディスプレイケーブルの損傷」
iPhone内部でディスプレイケーブルが液晶から外れてしまうことは滅多にありませんが、使用状況によってはこうしたアクシデントも考えられます。その場合は再度つなぐことで元に戻りますので、修理店へ持ち込んでください。
また、ディスプレイケーブルのトラブルは、端末を地面に落とし、画面が破損した影響で断線するなどのケースがほとんどです。ケーブル自体に損傷が発生した場合は交換するしか方法はありません。

◆「バックライトが切れている」
もしバックライトが寿命を迎えてしまった場合は、バックライトのみの交換はできせんので、液晶もしくは本体を新しいものに交換することになります。

対処してもiPhoneの画面が真っ暗なままなら修理に

お使いのiPhoneの画面が真っ暗で音は鳴る状態になった際に、考えられるいずれかの原因に対処していただいた場合でも機能が完全に元に戻らないこともあります。自力で問題が解決できない場合もあるので、その場合は端末の修理をご検討ください。

正規店舗での修理

Appleに認定された修理店のことを正規店と呼びます。正規店に修理を依頼すると、保証が使えたり、純正のパーツでの修理をしてもたえたりするメリットがあります。

画面が真っ暗になった原因がバックライトの寿命によるものでしたら、AppleCare+の保証期間内であれば無償での本体交換が可能になることもあります。さらに、端末の水漏れや湾曲の場合もAppleCare+の保証期間内であれば、特別価格で本体の交換が可能になることもあるので、ぜひ検討してみてください。

非正規店での修理

正規店以外の修理店を非正規店と呼びます。非正規店は店舗ごとに修理代金や料金体系が異なります。

また修理の際にAppleの純正製品を使用しないこともあるため、正規店とくらべると修理代金や修理内容に違いがあります。保証が使えないときは正規店よりも安く修理してもらえることもあるので、一度近くの非正規修理店に確認してみましょう。

また、正規の修理店では予約が必要なことが多いですが、非正規の修理店では即日で修理に対応してくれることもあります。すぐにiPhoneを直したいと考えているかたも、非正規店の利用を検討してみましょう

ただし、iPhoneの画面が真っ暗でも音は鳴る場合、基盤の修理をしなければならないことも多いです。非正規のなかには基盤の修理に対応していない店舗もあるので、依頼する店舗が決まったら忘れずに修理が可能かを確認しましょう。

iPhoneの画面が真っ暗でもバックアップはできる?

iPhoneの画面が真っ暗になり音は鳴る状態で画面上で操作ができなくなってしまっても、修理を依頼できる非正規店舗によっては故障した端末からデータのバックアップをおこなうことがきます。

また、お使いのiPhoneを自分のPCのiTunesに一度でも接続していれば手動でバックアップすることができます。しかし、お使いのiPhoneをiTunesに接続したことがないと、端末の画面上で接続許可のタップを求められるので、画面が反応しない状態であればバックアップは難しくなります。

iPhoneを修理に出す場合、正規店は個人情報を守るためにデータを消すこともあるので、バックアップの確認は必ずしたほうがよいでしょう。もしもバックアップを取っていなかったら、非正規の修理店であればデータを残したまま修理してもらえることもあるので、一度非正規店に相談してみるのもおすすめです。

 iPhoneの画面が真っ暗……音は鳴るなら希望はある!修理方法

まとめ

iPhoneは日常的に手にすることが多い機器ですので、思いもよらないアクシデントが発生する可能性が高いといえます。偶然手から離れて地面に叩きつけてしまったり、誤って水の中に落として濡らしてしまったり、様々な故障の原因にさらされています。

iPhoneの画面が真っ暗でも音は鳴るという状態は、突然のアクシデントによって引き起こされます。日ごろから丁寧に扱っていたとしても、絶対に起こらないとは言い切れません。ただし、音は鳴るなら原因を絞りやすいので、適切な対処がしやすいともいえます。

システムの不具合であれば強制再起動などで改善されることもあります。端末の故障であっても、原因が判明すれば速やかに修理ができるので、自分ではどうすることもできなければ修理サービスの利用をご検討ください。