iPhone修理代を徹底比較!Apple正規サービスプロバイダと街の修理屋さんはどっちが安い?

iPhoneの修理代っていくらなの?どこで修理するのが安いの?と疑問の方も多いと思います。

この記事では、「正規店」と「街の修理屋さん」のiPhoneの修理代を徹底的に比較しています。

壊れたiPhoneを少しでも安く修理したい方は是非参考にして下さい。

iPhoneの修理代は「修理店の種類」や「AppleCare+」で変わる

iPhoneの修理代は「修理店の種類」や「AppleCare+の加入の有無」で金額が変わります。

iPhoneを修理に出す前にこれからお伝えする情報を知っておくと、iPhoneの修理代を安くできますよ。

「正規店」と「街の修理屋さん」で修理代が変わる

iPhoneの修理店には、Apple Storeやビックカメラなどの「Apple正規サービスプロバイダ(正規店)」とダイワンテレコムやスマップルなどの「街の修理屋さん」の2種類があります。「正規店」と「街の修理屋さん」で修理代が異なります。

「街の修理屋さん」は「非正規店」とも呼ばれますが、Appleが認定をしていないだけで合法の店舗です。

「AppleCare+の加入の有無」で修理代が変わる

「AppleCare+」という有料の補償に入っているかどうかでも、iPhoneの修理代が変わります。「AppleCare+」に入っていれば2年間で2回まで特別価格でiPhoneを修理できます。ただし、特別価格で修理ができるは「正規店のみ」なので「街の修理屋さん」の修理代は変わりません。

修理したいiPhoneが「AppleCare+」に入っているかどうかは、「製品の保証状況とサービス期間を確認する-Apple サポート」にiPhoneのシリアル番号を入力すれば確認できます。

「AppleCare+」の加入料金

「『AppleCare+』の加入料っていくらなの?」という方のためにモデル別の加入料を表にまとめました。この加入料は、Appleの公式サイトから加入した場合の価格です。

モデル 加入料金
iPhone X 22,800円
iPhone 8 Plus 16,800円
iPhone 8 14,800円
iPhone 7 Plus 16,800円
iPhone 7 14,800円
iPhone 6s Plus 16,800円
iPhone 6s 14,800円
iPhone 6 Plus 16,800円
iPhone 6 14,800円
iPhone SE,5s,5c 12,800円

「AppleCare+」に加入すれば補償が受けられますが、入ろうかどうか少し迷うお値段ですね。

保証期間内の自然故障なら無料で修理できる

iPhoneには「Apple 製品限定保証(旧:AppleCare)」という保証が付いているので、購入してから1年以内の自然故障なら無料で修理できます(正規店での修理のみ)。

自然故障とは、製品の初期不良が原因の故障のことです。そのため、「iPhoneを落として画面が割れた」「雨に濡れて水没してしまった」という場合、自然故障にはなりません。

「AppleCare+」に加入すると自然故障の保証期間が1年間から2年間に延長されます。

3つのiPhoneの修理代を比較徹底

お待たせしました。ここからは、iPhoneの以下の修理代をまとめてお伝えします。

  • ①iPhoneの「画面割れ」の修理代
  • ②iPhoneの「水没」の修理代
  • ③iPhoneの「バッテリー交換」の修理代

修理代は2018年3月12日時点のものです。

「正規店」の修理代はどこの店舗でも同じです。それに対して、「街の修理屋さん」は修理代が店舗ごとに異なるので、以下の大手修理業者5社の「新宿店」または「上野店」の修理代から算出した金額をお伝えします。

それでは、iPhoneの修理代を見ていきましょう。

①iPhoneの「画面割れ」の修理代

iPhoneの「画面割れ」の修理代は以下の表の通りです。街の修理屋さんの場合、「ガラス割れ」と「液晶割れ」で修理代が変わることがありますが、ここでは「ガラス割れ」の修理価格を掲載しています。

【画面割れの修理代】 正規店
(補償なし)
正規店
(AppleCare+)
街の修理屋さん
iPhone X 31,800円 3,400円
(22,800円)
59,800円
iPhone 8 Plus 19,800円 3,400円
(16,800円)
49,800円
iPhone 8 17,800円 3,400円
(14,800円)
44,800円
iPhone 7 Plus 19,800円 3,400円
(16,800円)
7,980円~15,800円
iPhone 7 17,800円 3,400円
(14,800円)
7,980円~13,500円
iPhone 6s Plus 19,800円 3,400円
(16,800円)
6,600円~12,800円
iPhone 6s 17,800円 3,400円
(14,800円)
5,100円~9,800円
iPhone 6 Plus 17,800円 3,400円
(16,800円)
4,600円~9,800円
iPhone 6 14,800 円 3,400円
(14,800円)
3,600円~6,900円
iPhone SE,5s,5c 14,800円 3,400円
(12,800円)
4,100円~6,900円

※()内の価格はAppleCare+の加入代

「AppleCare+」に加入していれば、どのモデルでも3,400円で修理できる可能性があります。しかし、「AppleCare+」の加入代と合計すると「正規店(補償なし)」よりも修理代が高くなっているモデルもありますね。また、正規店の修理担当者が「画面交換以外にも修理が必要」と判断した場合、「その他の損傷」の修理代金となります。「その他の損傷の料金」は、次の章でお伝えします。

街の修理屋さんはiPhone X やiPhone8、8 Plusの修理代が高額です。これは、新しい機種ほど修理部品の確保が大変だからだそうです。

しかし、7 Plus以前のモデルは、「街の修理屋さん」の修理代の方が安いです。なので、「AppleCare+に入っていなかった」、「AppleCare+の補償期間を過ぎている」という場合、「街の修理屋さん」を利用した方が修理代は安くなりやすいです。

②iPhoneの「水没」の修理代

水没の修理は正規店では「その他の損傷」として扱われます。正規店の水没修理はiPhoneを丸ごと交換します。iPhoneの状態に関わらず修理代は一律ですが高額になっています。

それに対して、「街の修理屋さん」の修理代は「水没のクリーニング(乾燥)作業代+交換した部品代」となるため、濡れた部品が少なければ「街の修理屋さん」の方が安く修理できる可能性があります。

「水没」の修理代は以下の表の通りです。

【水没の修理代】 正規店
(補償なし)
正規店
(AppleCare+)
街の修理屋さん
iPhone X 60,800円 11,800円
(22,800円)
9,000円~
iPhone 8 Plus 43,800円 11,800円
(16,800円)
9,000円~
iPhone 8 38,800円 11,800円
(14,800円)
9,000円~
iPhone 7 Plus 38,800円 11,800円
(16,800円)
4,980円~
iPhone 7 35,800円 11,800円
(14,800円)
4,980円~
iPhone 6s Plus 36,800円 11,800円
(16,800円)
4,980円~
iPhone 6s 33,800円 11,800円
(14,800円)
4,980円~
iPhone 6 Plus 36,800円 11,800円
(16,800円)
4,980円~
iPhone 6 33,800円 11,800円
(14,800円)
4,980円~
iPhone SE,5s,5c,5 30,800円 11,800円
(12,800円)
4,980円~

※()内の価格はAppleCare+の加入代

なお、iPhoneのバックアップを取っていない場合、正規店に修理の依頼を出すとiPhoneのデータが全て消えてしまいます。AppleCare+に入っていても、「バックアップを取っていなかったから、iPhoneのデータが消えると困る」という方は、データが消えにくい「街の修理屋さん」を選ぶのも手ですね。

③iPhoneの「バッテリー交換」の修理代

「バッテリー交換」の修理代は少し特殊です。正規店の場合「AppleCare+の加入の有無」ではなく、「保証期間中かどうか」によって修理価格が変わります。保証期間中なら「バッテリーが自然故障している」と認められれば、0円でバッテリー交換ができます。

【バッテリー交換の修理代】 正規店
(保証期間外の自然故障)
正規店
(保証期間中の自然故障)
街の修理屋さん
iPhone X 3,200円 0円 24,800円
iPhone 8 Plus 3,200円 0円 19,800円
iPhone 8 3,200円 0円 19,800円
iPhone 7 Plus 3,200円 0円 5,980円~7,780円
iPhone 7 3,200円 0円 5,800円~6,800円
iPhone 6s Plus 3,200円 0円 4,800円~6,800円
iPhone 6s 3,200円 0円 4,800円~6,800円
iPhone 6 Plus 3,200円 0円 4,800円~6,800円
iPhone 6 3,200円 0円 3,800円~6,800円
iPhone SE 3,200円 0円 3,800円~5,700円
iPhone 5s,5c,5 8,800円 0円 3,800円~5,000円

保証期間外でもiPhone 6以降のモデルは2018年12月までの期間限定で、5,600円割引の3,200円でバッテリー交換ができます。なぜ、割引になっているかというと、「バッテリーが古くなるとiPhoneのパフォーマンスが落ちる」という問題に対して、Appleが対応しているためです。

Appleは、バッテリーの交換が必要なiPhone 6以降をお持ちの方全員に対して、保証対象外のiPhoneのバッテリー交換の金額を8,800円から5,600円減額し、3,200円とします。この対応は2018年12月まで全世界で継続します。iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて – Apple(日本)

ただし、正規店では本体に物理的な破損や水没がある場合は、バッテリー交換ではなく、iPhoneを本体ごと交換する修理となります。iPhoneを本体ごと交換した場合、「水没(その他の損傷)」の修理代が発生します。バッテリー交換で修理に出して、本体交換での修理となった時は、修理担当者さんが「本体交換での修理になりますが、修理されますか?」と連絡してくれます。

まとめ:トラブルが起きる前にiPhoneを修理しよう

iPhoneの修理代を見て「iPhoneは壊れているけど、別にまだ使えるし、修理は先でも良い」と思った方もいるかもしれません。

しかし、壊れたiPhoneは突然iPhoneの電源が入らなくなったり、データが消えるリスクを抱えています。また、横になりながらiPhoneを使う方は割れたガラスの破片が目に入る危険性さえあります。

何かトラブルが起きる前にiPhoneを修理することをオススメします。

その他のiPhone修理コラム