iphone修理の優良店舗を現在地の近くで探す

iPhoneのイヤホンはワイヤレスが便利!種類や特徴をご紹介

お使いのiPhoneにイヤホンジャックは付いているでしょうか?近年発売されているiPhoneは、なんとイヤホンジャックが付いていないものがあります。イヤホンジャックがないので「イヤホンが使えないのでは?」と考える人もいるかもしれません。

しかし、イヤホンジャックがないiPhoneでイヤホンを使う方法はいくつかあるのでご安心ください。今回は、イヤホンジャックがないiPhoneでイヤホンを使う方法に着目してお話していきます。最近はやりの、「iPhoneとイヤホンをワイヤレスでつなぐ方法」にも触れていますので、ぜひご一読ください。

イヤホンジャックがないiPhoneのモデル

2018年現在、イヤホンジャックがないiPhoneは「iPhone 7」「iPhone 8」「iPhone X」シリーズです。これらをお使いの方はご存じでしょうが、これらには「イヤホンジャック」と呼ばれる、イヤホン専用の穴が付いていません。
では、イヤホンジャックがないiPhoneでイヤホンを使いたい場合はどうすればいいのでしょうか。

イヤホンを使う方法は「変換アダプタを使う」「iPhone購入時の付属品を使う」「iPhoneとイヤホンをワイヤレスでつなぐ」などがあります。
もし従来のイヤホンを使いたいのであれば、変換アダプタを使いましょう。

変換アダプタは、片方の端が従来のイヤホンを挿す穴に、もう片方の端がiPhoneの充電口に挿す端子になっているものです。iPhoneの充電口に変換アダプタを挿し込み、変換アダプタにイヤホンを挿せば、今までと同じイヤホンが使えるようになります。

ちなみにiPhoneの機種によって、購入したときに変換アダプタが付属しているものと付属していないものがあります。「イヤホンジャックがないから変換アダプタを買えばいいんだ!」とすぐに買いに行くのではなく、iPhone購入時のケースなどに変換アダプタがないか、まずは探してみてください。

iPhoneの純正イヤホンなら直接使える

変換アダプタを使わない方でよく見かけるのは「EarPods with Lightning Connector」を利用している人でしょう。これは、イヤホンジャックが付いているiPhoneでも使用されていた純正イヤホンとほぼ変わりません。
EarPods with Lightning ConnectorもiPhone純正のイヤホンで、今までのものと違うのは挿し込む部分の端子だけというものです。

EarPods with Lightning Connectorは、イヤホンジャックが付いていないiPhoneを購入したときに付属で付いてきます。そのため、新たにイヤホンを買う必要がなく、イヤホン代がかからないのがうれしいところです。

今では、iPhoneの純正イヤホンにはワイヤレスタイプもあるため、混乱する方もいるかもしれません。しかしワイヤレスのものは別売で、欲しければ自分で買う必要があるものです。iPhoneとイヤホンを両方購入することになるため、比較的費用が高額になってしまうでしょう。

EarPods with Lightning Connectorを使うメリットはやはり費用が追加でかからないことですが、一方デメリットは、イヤホンを使用しながらでは充電ができないことです。ひとつしかない充電ケーブルの挿し口を使うため、イヤホンを使っていると充電することができません。
もしイヤホンと充電のどちらも同時に行いたいのであれば、充電とイヤホンが同時に利用できる専用のアダプタを別で買う必要があります。

イヤホンジャック不要!Bluetoothイヤホン

イヤホンジャックの有無に悩むのがわずらわしい……という方におすすめするイヤホンの内のひとつが、Bluetoothイヤホンです。Bluetoothイヤホンは、左右それぞれのイヤホンをつなぐコードしかありません。直接iPhoneにコードをつなげる必要がないのです。
コード部分に操作ができるボタンが付いているのが特徴で、そのボタンを操作して、iPhoneとイヤホンをワイヤレス接続します。

Bluetoothイヤホンのメリットは、イヤホンを使いながらでも充電ができることです。EarPods with Lightning Connectorや変換アダプタの使用では、イヤホンの使用と充電を同時に行うことはできません。
しかし、Bluetoothイヤホンは充電用の挿し口にコードを挿す必要がないため、充電しながらイヤホンを使って音楽や動画を楽しむことが可能です。

一方デメリットは、付属品とは違うため、Bluetoothイヤホンを新たに購入しなければいけないことです。また、無線なため音質が落ちるおそれがあったり、イヤホン本体を充電しなければいけないという面もあります。

完全コードレス!ワイヤレスイヤホン

コードレスのイヤホンもBluetoothイヤホンと同じで、iPhoneとイヤホンをワイヤレスで接続して使います。Bluetoothイヤホンとの違いは、コードがまったくないという点です。Bluetoothイヤホンは左右それぞれをつなげるためのコードがありますが、コードレスタイプのワイヤレスイヤホンは、耳に装着する部分しか存在しないのです。

ワイヤレスイヤホンを使うことのメリットは、やはりコードが完全にないことでしょう。そのため「イヤホンコードがからまり、ひっぱられる」というわずらわしさがありません。
また、Bluetoothイヤホンと同様に、イヤホンを使いながらでも充電ができるのもメリットといえます。

ただし、デメリットもBluetoothイヤホンと同じく、別途購入する必要や音質の劣化やイヤホンを充電しなければいけないという点です。そのほかにも、コードがないことで紛失しやすいということもあるでしょう。Bluetoothイヤホンであれば首にぶら下げておくことができますが、コードレスタイプのものは、もし耳から落ちても引っかかるところがなく、そのまま落下してしまいます。

まとめ

今お使いのiPhoneにイヤホンジャックが付いていない場合には、大きく分けて3種類の方法でイヤホンを使うことができるでしょう。「変換アダプタを使う」「EarPods with Lightning Connectorを利用する」「ワイヤレスイヤホンを購入する」という方法です。

ワイヤレスイヤホンは、呼び名の通りiPhoneとイヤホンをワイヤレスで接続できるため、イヤホンを使いながらでも充電ができるというメリットがあります。しかし別途購入する必要がある、紛失しやすいなどのデメリットもあるので注意してください。