iPhoneを自分で修理!ド素人がiPhone5のガラスパネル交換に挑戦!

iPhone5を修理する筆者

最近は街中のいたる所に存在するiPhoneの修理専門店。その多くはAppleの非正規店。

正規店ならほぼ必須のiPhoneの初期化ですが、非正規店なら初期化をすることなく液晶ディスプレイのガラスパネル交換なら数十分で迅速に対応してくれることが何よりの魅力だったりします。

これまで実際に修理している様子を数店舗で取材させてもらったんですけど、ちょっと自分でもやってみたい♪ 的な欲求がふつふつと湧いてきまして。

もちろんオレはiPhone修理に関してはド素人なんですけどね。

「iPhone修理王 秋葉原店」で修理体験

iPhone修理王秋葉原店の外観

というわけで、向かったのは秋葉原にある「iPhone修理王 秋葉原店」という修理専門店。

ド素人の無理矢理なお願いにも快く付き合っていただきました。

対応していただいたのはベテランスタッフのAさん。

iPhone修理王のAさん

そしてこれが今回オレが修理に挑戦するiPhone5なんですけど、かなり悲惨な状況です。

カラスパネルが割れたiPhone5

なんかもう、ガラスがバッキバッキです。

カラスパネルが割れたiPhone5のアップ

そしてAさんが用意してくれたのが、それぞれ専門の役割を担ってる感のある謎の工具たち。

iPhone5を修理するための工具類

「それではパカっと開いてください♪」と言って立ち去ろうとするAさんに「いやいやいや、何をどうすればいいのか全くわからないんですけど」と必死に呼び止めて修理の流れを詳しく説明してもらいます。

iPhone5の修理の流れを説明するAさん

結局、Aさんにはずっと横に居てもらって逐一指示をしてもらうことにしました。だって全く分からないですかね。

筆者にiPhone5の修理の流れを説明するAさん

そんなこんなで、まずはLightningコネクタの両サイドにある小さな星形のネジを専用のドライバーで外していきます。

iPhone5下部のネジを外す筆者

ちなみに、外したネジは置いておくようの専用のトレイが用意されてます。

iPhone5のネジを置く専用トレイ

外した場所に応じたトレーの穴にネジを置くことで、再度組み立てるときにどれがどの部分のネジなのかがスグに分かる優れものです。

iPhone5の本体とディスプレイパネルの隙間にヘラを差し込む

ネジを外すことで生まれた僅かな隙間に専用のヘラっぽいものを挿し込んでフレームとディスプレイパネルの分離を行います。

iPhone5のディスプレイパネル取り外す様子

恐る恐るだったんですけど、Aさんに言われるがまま力を込めてグイっとやってみたら本体とディスプレイパネルの接続部分がカチカチ音を立てながら外れていきます。

ディスプレイパネルが開いたiPhone5

で、開きました。

iPhone5の修理の流れを説明するAさん

まさに事前に身振り手振りで教えてくれてたような状態です。

ディスプレイパネルが開いたiPhone5

ディスプレイパネルと本体を接続しているコネクタを外すと完全に本体と分離しました。

取り外されたiPhone5のディスプレイパネル

今回はガラスパネルの交換のみなので、既存のガラスパネルから新しいガラスパネルへとホームボタンなどのパーツを移植していきます。

パーツを取り外すiPhone5のディスプレイパネル

で、ここでも登場するのが専用のトレイ。

iPhone5の内部のネジを置く専用トレイ

これでどれがどこのネジなのか迷わずに済みます。

iPhone5の新しいガラスパネルにパーツを移植

そして一通りの移植が完了したら今度はこれまでとは逆の手順で本体とディスプレイパネルが分離しているiPhone5を元通りに組み立てていきます。

iPhone5の新しいガラスパネルにパーツを移植

本体とディスプレイパネルをコネクタで接続してiPhone5を閉じます。

iPhone5の本体と新しいディスプレイパネルのを接続

両方の手の平でギューっと押し込みます。

iPhone5を閉じる

別に拝んだり念を込めてるわけではありません。

iPhone5下部のネジをしめる

そして最初に外したLightningコネクタの両サイドにあるネジをしめます。

修理したiPhone5のカメラテスト

修理したiPhone5のマイクテスト

最後に問題が無いか、タッチパネルの動作テストのほかカメラやマイク機能などもテストを行って無事に修理完了!!

修理が完了したiPhone5

新しいガラスパネルに映し出された待ち受け画面がとっても肉々しかったです。

というわけで、お疲れさまでした。

iPhone5とAさんと記念撮影

ていうか、ありがとうAさん。

iPhone5の修理を体験してみて

子どもの頃から人並み以上には手先が器用だったような気がしていて、これまで取材で何度かiPhoneの修理を目の前で見たことで「あれ、これならオレでもできるかも!?」って思ったのが今回の修理体験でした。

まぁ、当然なんですけど見るのと実際に修理するのでは全く違うというかなんというか。

なんだかんだでiPhoneは精密機械ですからね。

ヘタなことして再起不能になったらどうしようとか思いながら恐る恐る作業を進めたわけです。

今回はベテランスタッフのAさんが隣についていてくれましたから無事に修理できましたけど、1人だったらどうなっていたことやら。

オンライン上では自分で修理するためのパーツなんかも多く流通してますけど、実際に修理を体験してみて思うのはやっぱり「餅は餅屋」。プロに任せるのが一番だなと。

交換用のガラスパネルなどのパーツも専門店ならではの独自のルートで正規品と同等の品質のものを用意していることも大きな安心材料です。

全てが全てではないですけど、オンライン上で簡単に入手できるiPhone用の交換パーツの中には低品質な粗悪なものが多く出回っているなんて情報もあったりしますし。

そして、修理に関する知識もさることながら、毎日多くの修理を実際に行っているという経験が何よりも大きんじゃないかなと感じました。

ちなみに今回の修理体験は小1時間くらいかかったんですけどね、ベテランスタッフのAさんなら20分くらいで完了するそうです。

まぁ、オレは今回が初めてのiPhone修理でしたからね、経験を積めばもっと時間短縮はできますけどね。

そうは言っても自ら経験を積むんじゃなくて、修理はプロに任せる方の選択肢を選びますけどね。

今回iPhoneの修理体験をさせて頂いたお店「iPhone修理王 秋葉原店」

iPhone修理王秋葉原店の外観

本体のデータを初期化することなく、ガラス割れ バッテリー交換 水没などさまざまな症状のiPhone修理に即日対応しています。

店舗は秋葉原電気街口より150メートルの好立地。

iPhoneのほかにもiPad・iPodなどの即日修理にも対応しています。

ご相談や診断は無料行ってくれますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

※今回の修理体験は修理スペースの都合上「iPhone修理王 上野御徒町店」で行いました。

その他のiPhone修理コラム