iphone修理の優良店舗を現在地の近くで探す

iPhoneがイヤホンを認識しない…原因は本体にある?確認しよう

iPhoneがイヤホンを認識しないことで困ったことはありませんか。iPhoneにイヤホンを接続しているのにも関わらず音がでない症状に悩まされている人がいらっしゃるのではないでしょうか。

イヤホンから音がでない原因には、イヤホンの問題だけではなく、iPhone本体の問題が関係していることもあるのです。今回は、iPhoneがイヤホンを認識しないときに考えられる原因とその解決策についてご紹介します。

認識できないのはイヤホンジャックが原因かも?

iPhoneがイヤホンを認識しない原因に、イヤホンジャックの不具合があります。イヤホンジャックが接続不良になってしまうことで、iPhoneにイヤホンが認識されず、音が聞こえなくなってしまうのです。

・接触不良になる原因は?
イヤホンジャックの接続不良は、ジャックにゴミがたまることで引き起こされます。ジャックのゴミを掃除する際には、綿棒や先を細くしたティッシュを使って汚れをとりましょう。端子を傷つけないように細心の注意を払いながらおこなってください。

・きれいに掃除して確認してみよう
一度、イヤホンジャックを掃除した上で、音がでるかどうかの確認をしてみましょう。もし、掃除をしても音がでない場合は、イヤホンのケーブルの故障か、iPhone本体の不具合が原因である可能性が高いです。

ただ、イヤホンが原因のときは、イヤホンをかえることで解決するケースもあります。そのため、接続するイヤホンをかえて、音がでるかどうか試してみることも非常に重要です

iPhone本体が原因で認識していない可能性も

イヤホンジャックの掃除やイヤホン自体を新しいものにかえても、iPhoneがイヤホンを認識しないときは、iPhone本体の不具合や設定ミスが原因でイヤホンから音が聞こえない可能性があります。そういったトラブルでよくある原因とその解決策は以下の通りです。 

・音量が小さすぎる
音量がそもそも小さすぎることが原因で音が聞こえないことがあります。iPhone本体の音量設定がオフになっていたり、聞きたい音楽アプリや動画サイトの設定がミュートになっていたりしてないかかどうかを確認してみてください。

・他のBluetooth機器から音が流れてしまっている
Bluetoothスピーカーなどを接続したことがあるほうは、特に注意するべきでしょう。Bluetoothの接続をオンにしたままの状態で音を流すと、イヤホンではなく、iPhoneと接続済の他のBluetooth機器から音が流れてしまうことがあるからです。

イヤホンから音を流したい場合は、Bluetoothモードをオフにしてから再度イヤホンから音がでるかどうか試みてみましょう。

・他のアプリが音声の出力を阻害している
そもそも、バックグラウンド再生に対応していない音楽アプリや動画サイトでは、複数アプリの同時並行仕様はできない仕組みとなっています。

また、バックグラウンドで同時起動している他のアプリが音声の出力を妨げている可能性があるかもしれません。そのため、イヤホンを刺しても音が聞こえない場合は、他のアプリを終了することも有効な解決手段です。

・iOSの不具合が原因
詳しい原因はわかりませんが、iPhoneの調子が悪いことが原因で、イヤホンとの接続に問題が起きている可能性があります。iPhoneを再起動して症状が解決するかどうか様子を見てください。

iPhoneがイヤホンを認識しない場合は修理へ

上記の解決策を試しても、iPhoneがイヤホンを認識しない場合は、iPhoneの本体を修理に出しましょう。

iPhoneの修理をするには、「Apple Store」か「Appleの正規サービスプロバイダー」、「その他iPhone修理店」にiPhoneを持ち込む方法があります。

「Apple Store」や「正規サービスプロバイダー」ではAppleの正規サービスが受けられることが魅力の1つです。また、Appleの端末保証に加入期間中の端末が故障した場合は、サービス料金価格で修理を受けることができます。

一方で、「その他iPhone修理店」の魅力は、修理までのスピードの速さと価格の安さではないでしょうか。Appleの正規店の場合、予約をしなければ修理を受けられない仕組みとなっており、予約をとるまでに日にちがかかってしまうことがあります。

iPhone修理店では、予約を必須としているお店が比較的すくなく、故障したら即日修理店に端末を持ち込めるお店がほとんどです。このような意味で、iPhone修理店での修理はスピードが速いといえるでしょう。

また、保証期間外の端末を修理する場合は、修理店の料金のほうが正規料金よりも安い場合がほとんどです。一度、修理店で直してしまうと、それ以降Appleからの保証を受けることができなくなるというデメリットもありますが、修理費用を安く抑えたいかたには、おすすめの選択肢です。

イヤホンを差しているのにスピーカーから音が!

iPhoneでは、イヤホンを刺しているのにも関わらず、スピーカーから音がでてしまうことがあります。たとえば、イヤホンを刺しているのに、アラームが鳴ってしまった経験などがあるかたもいるかもしれません。

これは、iPhoneがイヤホンを認識していないのではなく、iPhoneそのものの仕様の問題です。じつは、iPhoneのサイレントモードやイヤホンの関係は少し複雑です。どのような場合に、スピーカーから音がでるのかしっかり把握しておきましょう。

・アラームとシャッター音は常にスピーカーから
イヤホンをしてサイレントモードにしていても、アラームとシャッター音はスピーカーからでる仕組みになっています。アラーム音を抑えたい場合は、アラームの設定を音からバイブに変更する必要があります。また、シャッター音を消す方法はありません。

・通常モードでは、着信音がスピーカーとイヤホン同時に流れる
イヤホンを刺していても、着信音はスピーカーとイヤホン両方から流れます。イヤホンをしていると、スピーカーから着信音が流れていることに気が付きにくく放置してしまうこともあります。注意しましょう。

まとめ

iPhoneがイヤホンを認識しない原因は「イヤホンジャックの故障」「イヤホン本体の断線・故障」「iPhoneの設定ミス・不具合」の大きく3つが多いようです。

まずは、この中のどれが不具合の原因なのかを突き止めることが大切です。そして、いずれの解決策を試しても治らない場合は、修理に出すことが必要です。不具合を放置したままにしてしまうと、症状がより悪化する可能性があります。

そして、悪化した状態で修理に出すと、費用がさらに跳ね上がってしまうことがあるのです。早めの修理を心がけることで、余計な出費を抑え、iPhoneを長く使っていきましょう。