iphone修理の優良店舗を現在地の近くで探す

iPhoneが充電できない原因が水没の場合に取る対処法まとめ

iPhoneを水中に落としてしまったり、液体をこぼしたりしてしまうと充電ができなくなることがあります。iPhoneの充電ができなくなると使用中にバッテリーが切れて使えなくなってしまうので、一刻も早く解消したい問題でしょう。

この記事では、iPhoneが充電できない原因が水没にある際の対処方法についてご紹介します。iPhoneを水没させてしまい、充電できなくなったという方の参考になれば幸いです。

水没したらまずは電源オフ!iPhone応急処置法

iPhoneを水没させてしまった場合は、すみやかに電源をオフにしましょう。iPhoneに充電ケーブルをさしている場合はすぐに抜いてください。水没後も問題なくiPhoneを使えているから、とそのまま電源を切らずにいると、内部の部品がショートして修理が困難になる恐れがあるのです。

電源を完全に落としたら、iPhoneをしっかりと乾燥させましょう。iPhoneを乾燥させる際は、電源を落としたうえで24時間は湿気のない場所に放置してください。乾燥剤などと一緒に容器にいれておくと効果的です。

ただし、iPhoneを乾燥させる必要があるからと、ドライヤーを使ったり、内部の水を外に出そうと振るのは厳禁です。ドライヤーの高熱はiPhoneが故障する原因になります。また、本体を振ったことにより、浸水していなかったところにまで水が入り込んでしまう危険性もあるのです。iPhoneを充電できない原因に水没かもしれない場合は、すぐに応急処置をしましょう。

水没したらまずは電源オフ!iPhone応急処置法

iPhoneが充電できない原因が水没なら修理が必要かも

iPhoneを充電できない原因が水没の場合は、修理に出すことを検討する必要があります。iPhone水没後に、乾燥させた上でそのまま利用するという方もいますが、そのままの状態でiPhoneを利用し続けると、故障して使えなくなる恐れがあるのです。iPhoneを修理できる場所は次のとおりです。

Apple Store、正規サービスプロバイダ

Apple Care+を利用できるiPhoneの正規修理店です。1年の無償保証であるApple Careは、水没修理が保証対象外なため注意しましょう。Apple Care+に加入していれば、保証適用価格でiPhoneの修理や本体交換をしてもらえます。

保証未加入や保証対象外の場合でも、同等の対応は受けられますが、修理料金が割高になるので気をつけましょう。また、正規店でiPhoneを修理する際は、データのリセットがおこなわれることがあります。データを消したくない場合は、後述のデータ復旧サービスも検討してください。

非正規店

非正規店の最大の特徴は、Appleの保証サービスに加入していなくても安価な料金で修理を受けられることです。Appleの保証サービスが利用できない方におすすめといえます。

また、店舗にもよりますが、水没したiPhoneのデータ復旧サービスをおこなっているところもあります。データのバックアップが取れないという場合でも、データを失わないで済む可能性があるのです。非正規店でiPhoneを修理する場合は、正規店でiPhone修理ができなくなるおそれがあるため注意しましょう。

充電できない原因は水没以外にも

iPhoneが充電できない原因は水没だけではありません。iPhoneを修理に出す前に、確認してみましょう。iPhoneを充電できない原因として考えられるのは次のとおりです。

コードの断線

iPhoneを充電できない理由として一番多いのが、充電コードの断線です。ほかの充電コードを利用してみて、充電できるかどうか試してみましょう。

システムの不具合

iPhoneのシステムエラーで、一時的に充電がおこなえなくなっているケースがあります。再起動やiPhoneのリセットをおこなうことによって改善する可能性があります。リセットをおこなう場合は、事前にデータバックアップを取っておかないと、データが失われるので注意が必要です。

コネクタ内にゴミが詰まっている

コネクタ内にゴミがたまっていると、接触不良をおこして、うまく充電できないことがあります。綿棒などでゴミなどの詰まりを取り除き、キレイにしてみてください。

ただし、コネクタ掃除の際に、エアダスターやアルコールなどの利用はiPhoneの故障の危険性があるためおすすめできません。

純正以外の充電器を使用している

非純正品の充電器を利用していると、iPhoneが充電できくなることがあるようです。Appleの純正品には パッケージに“Made for iPhone“とロゴは入っています。iPhoneが充電できない際は、ご利用中の充電器が純正品かどうか確認してみてください。

バッテリーが寿命

iPhoneのバッテリーが寿命を迎えている場合、正常に充電ができなくなることがあります。バッテリーを新しいものに交換すると改善するかもしれません。

ただし、これらの方法でiPhoneが充電できるようになったとしても、原因として水没に心当たりがある場合は修理には出しておいたほうがいいでしょう。

万が一のためにもiPhoneの水没予防をしておこう

iPhone7以降は防水機能が追加されていますが、それでも100%浸水をシャットアウトできる訳ではありません。そのため、水没には細心の注意を払う必要があります。この章では、iPhoneの水没予防についてご紹介します。水没予防をして、大切なiPhoneを水から守りましょう。

防水ケース

防水仕様のケースにiPhoneを入れて、浸水を防ぐ方法です。防水ケースには、スマホケースのように直接iPhoneに装着するタイプや、防水性のポーチに入れて使えるタイプなどがあります。

防水フィルム

iPhoneに直接貼ることで、浸水する隙間をカバーできるフィルムです。

防水コーティング

iPhoneユーザーの中には、ケースやアクセサリ、フィルムなどをつけずに素のデザイン性を楽しみたいという方も少なくはありません。そんな方たちにおすすめなのが、防水コーティングです。専用のコーティング剤をiPhoneに散布することで、iPhoneを防水仕様にできます。

ただし、防水コーティングをするとApple正規店での修理受付を断られる場合があるので注意が必要です。iPhoneが充電できない原因が水没ということにならないように、iPhoneの水没予防をしておきましょう。

万が一のためにもiPhoneの水没予防をしておこう

まとめ

iPhoneが充電できない原因が水没にある場合は、iPhoneの電源をオフにし、充電コードを抜きましょう。そして、しっかりとiPhoneを乾燥させてください。バッテリーの寿命や充電器の問題、システムの不具合などが原因で充電できないケースもあるため、併せて確認しましょう。

iPhoneが充電できない原因として水没に心当たりがある場合は、仮に充電できるようになったとしても、修理に出すことをおすすめします。修理店は正規店と非正規店で分かれるため、自分に適した方を選んでください。また、普段からiPhoneの水没予防をおこなっておくと、いざというときにiPhoneを水から守ることができます。普段からしっかりと予防をし、水没トラブルを回避しましょう。