iphone修理の優良店舗を現在地の近くで探す

焦らないで!iPhoneのタッチパネルが反応しないときの修理方法

iPhoneには画期的なタッチパネルがついています。指でさわるだけで直観的に操作ができるため、とても便利です。しかし、便利なだけあって突然タッチパネルが反応しなくなってしまったら、いろいろな部分で不便が出てきてしまうでしょう。

今回は、iPhoneのタッチパネルが反応しない原因と解決方法を解説していきます。後半ではiPhoneのタッチパネルが反応しないとき修理に出せる場所なども紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

タッチパネルが反応しないのは外部的要因によるもの?

ひとことでiPhoneのタッチパネルが反応しないといっても、さまざまな原因が考えられます。原因によって対処法も異なるので、まずは原因を特定することから始めましょう。タッチパネルが反応しない原因には外部的要因と内部的要因があります。この章では、おもな外部的要因とその対処法を解説します。

保護フィルムが邪魔になっている

画面の汚れなどが気になる人のなかには、タッチパネルに保護フィルムなどを張っている人も多いでしょう。たしかに、保護フィルムはタッチパネルを傷や汚れから守ってくれますが、言い換えれば、保護フィルムが代わりに傷ついているということです。

保護フィルムにたくさん傷がつきすぎると、タッチパネルに指の動きが伝わりづらくなります。すると、iPhoneのタッチパネルがなかなか反応しなくなってしまうのです。

保護フィルムが原因でタッチパネルが反応しない場合、対処法は簡単です。原因である保護フィルムをはがせば、すぐに反応するようになるでしょう。保護フィルムにはこうしたデメリットもあるので、定期的に交換することをおすすめします。

指が乾燥している

タッチパネルは指の水分から、触れた個所を特定しています。そのため、指が乾燥していると、タッチパネルは反応してくれません。この場合は、指をすこし湿らせることで解決できます。ただし、湿らせすぎると逆に浸水して別の故障の原因になることもあるので、余計な水分をふき取ってからタッチするようにしてください。

タッチパネル自体の不具合

画面が割れたりしていると、タッチパネルはうまく指を感知できません。また、タッチパネルはさまざまな原因で変形してしまいます。たとえば、iPhoneを誤って踏みつけてしまった場合などに、不自然な力が加わって画面が曲がってしまいます。画面が曲がっていると、本体内部の接触が悪くなり、タッチパネルは反応しづらくなるのです。

画面自体が原因でiPhoneのタッチパネルが反応しないとき、修理に出さないと直らないことがほとんどです。タッチパネルだけが問題なら、画面交換だけで済むかもしれませんが、本体デバイスまで損傷していると、費用が多くかかってしまうかもしれません。

タッチパネルが反応しないのは外部的要因によるもの?

内部的要因でiPhoneのタッチパネルが反応しない?

タッチパネルはソフトウェアの不具合のような、内部的要因でも反応しなくなることがあります。おもな内部的要因には以下のようなものがあります。

フリーズ

画面がフリーズしていると、当然いくらさわってもタッチパネルが反応することはありません。フリーズが原因の場合は、iPhoneを強制終了することで解決することが多いです。

アプリの開きすぎ

アプリをたくさん開いたりしていると、内部の処理がおいつかなくなって、反応に遅れが出ることがあります。アプリは画面に表示されていなくても、端末内部では処理が行われているからです。処理が遅くなれば、タッチした部分が反応するのも遅くなってしまいます。使っていないアプリはこまめに終了した方がよいでしょう。

ソフトウェアの不具合

画面のフリーズでもなく、アプリもそこまで開いていないとなると、iPhone内にあるソフトウェアの不具合も考えられます。ソフトウェアの不具合が原因の場合、まずは一度再起動してみるとよいでしょう。それでもiPhoneのタッチパネルが反応しないなら、修理にもっていくしかないかもしれません。

ソフトウェアの不具合が原因で修理出す場合は、本体を交換しなければならないこともあります。Appleの保証に入っていないとそれなりの金額になってしまうこともあるので、修理に出す前に一度修理店に確認するとよいでしょう。

保証に加入しているなら正規店で修理しよう

自分ではどうしようもない原因でiPhoneのタッチパネルが反応しない場合、修理に出した方がよいでしょう。保証に加入しているなら、正規店で修理することをおすすめします。

正規店とは?

正規修理店とは、iPhoneの販売元であるAppleに認可された修理店のことです。たとえば、Apple Storeや家電量販店のなかにあるカメラのキタムラなどです。正規店で修理をするメリットは、Appleの保証が使えることでしょう。

Appleの保証には、購入しただけで加入できるAppleCareと任意で加入するAppleCare+があります。保証を使って修理をおこなえば、正規の料金よりも大幅に安く修理してもらうことも可能です。また、場合によっては無償で本体交換をしてくれることもあるので、一度保証があるかを確認してみるとよいでしょう。

修理の費用相場

正規店での修理料金は、どの店舗で直しても同じです。具体的な料金は、使っているiPhoneのモデルや破損状態などによって、大きく変わります。また、Appleの保証があるかでもかなり違います。

たとえば、画面交換は、保証があれば3,000円ほどですむこともありますが、未加入の場合は1万円を超えることもあります。正規店での修理料金は公式サイトで記載されているので、修理に出す際は一度確認してからにするとよいでしょう。

データバックアップはしっかりと

iPhoneを正規店に修理に出す場合は、バックアップを取ってからにしましょう。理由は、修理の際にデータを消すことがあるからです。これは個人情報を保護するため、といわれています。たとえ画面交換だけだったとしても、内部データを消されてしまうということがあるので、修理に出す場合は必ずiPhoneのバックアップを取りましょう。

保証に加入しているなら正規店で修理しよう

修理時間を短縮するなら非正規店も検討しよう

iPhoneの修理ができる場所は、Appleに認可された店舗だけではありません。「すぐにiPhoneを使えるようにしたい」といった場合、非正規店に修理を依頼するとよいかもしれません。

非正規店とは?

Appleに認可されていない店舗のことを非正規店とよびます。非正規店は、正規店に比べてスピーディに修理できることがメリットとしてあげられます。正規店での修理には予約が必要なことが多いのに対し、非正規店では即日で対応してもらえる場合が多いのです。

修理の費用相場

非正規店での修理の費用相場も、正規店と同じくモデルや破損状態でさまざまです。ただ、非正規店は正規店と違い保証を使えないので、そこまで安く修理ができるというわけではありません。しかし、保証がない場合は、正規店よりも安く修理できることが多いでしょう。

これは、正規店では必ず純正のパーツで修理をおこなうのに対し、正規店では安価な非純正品を使っているからといわれています。

非正規店を選ぶポイント

非正規店を選ぶ大きなメリットは、iPhoneを修理したときにデータを消されなくてすむ可能性が大きいことです。iPhoneのタッチパネルが反応しない状態で修理に出すという場合、バックアップを取ることも難しいということもあるでしょう。この場合、正規店で修理をすると、高確率でデータは消えてしまいます。

しかし、非正規店であれば、画面交換だけならデータを消さずにやってくれるというところも多いのです。iPhoneのタッチパネルが反応しないせいでバックアップを取れないという人は、非正規店で修理するとよいかもしれません。

まとめ

iPhoneのタッチパネルが反応しない原因にはさまざまなものがあり、大きくわけると内部的要因と外部的要因の2つにわけられます。それぞれ対処法も違うので、まずは原因を特定することからはじめてみてください。

自分で対処できない原因で、iPhoneのタッチパネルが反応しない場合は、修理に出すことを検討しましょう。修理に出せる店舗には正規店と非正規店があります。

正規店は保証を使うことができる代わりに、iPhoneのデータが消えてしまうかもしれないというデメリットがあるので、注意が必要です。iPhoneの画面が反応しないせいでバックアップが取れないという人は、非正規店で修理した方がよいかもしれません。非正規店であれば、データを残したままスピーディに修理してもらうこともできるでしょう。